古文書や重要書類の永久保存は、未来に向けて重要な仕事の一つです。しかし湿気や虫食いによる劣化は避けられないのが現状です。
 なかたに印刷では、お客様のアナログ資料(冊子・書籍、各種文書、各種フィルム)を高品質のデジタルデータにするサービスを行っています。デジタル化することで、資料に触れることなく閲覧でき、検索機能を付ければ必要書類の取り出しがスムーズになります。タブレット端末やスマートフォンを使えば、さらに検索や閲覧が簡単になります。作業する際の省スペース、省力化に役立ちます。  
富山大学様では保管されている資料をデジタル化する事業が始まりました。これまで劣化してきた資料を現在の最良の状態で後世に残す重要な仕事をお手伝いさせて頂いています。

 

※注1 : アーカイブ (archive) とは、日本では一般的に書庫や保存記録と訳されますが、元来は公記録保管所、公文書、または公文書の保存所、履歴などを意味します。
※注2 : 著作権・肖像権等に触れる発行物のスキャニングはお断りしています。あらかじめご了承ください。